スキンケアにかけるお金

みなさんは洗顔フォームやクレンジング、化粧品の類にはどれぐらいのお金をかけているでしょうか?肌に良いと聞けば試してみたくなりますし、もしも使ってみたものが肌に合わないと感じたら無理をして使い続ける事はしないで新しいものを試してみるに違いありません。そしてそれなりの効果があるものであれば少々お金がかかっても気にしないのではないでしょうか。それぐらい顔などの目に見える、人目に付く部位についてはきちんとお金をかけてでもケアをしています。ですが頭皮の事になるとそこまでお金をかけてまでケアをする人は少ないような気がします。それなのに髪の毛に対しては「キレイな髪の毛になりたい」と望んでいます。本来は頭皮にたいしてきちんとケアをすることで、状態の良い頭皮から綺麗な髪の毛が生えてくるんですね。ですから髪の毛の質にこだわるのであればそれ以上に頭皮の状態を気にしなくてはならないのです。そしてそのためにお金をケチるのも本当は良くないと思われます。シャンプーは安いので十分、と思っている人もいるかもしれませんが、少なくともそのシャンプーを使うことでなんらかの異常を感じたり、なかなか洗い流す事が出来ないような事があるのであれば、違ったシャンプーを試してみるぐらいのこだわりは持っておきたいものですね。

正しいシャンプー

頭皮のスキンケアといえばシャンプーになるのですが、ただ質の良いシャンプー剤を使ってきちんと毎日シャンプーをすればそれで頭皮のスキンケアが出来ている、というわけではありません。たとえば顔を洗う時のことを考えてみてください。洗顔フォームをしっかりと泡立てて顔を洗うと思いますが、洗い終わった後で洗顔フォームを洗い流す時に少しぐらい泡が残っている状態でも気にせずに終わる、というような事をやりますか?おそらくさっぱりするまできちんと洗顔フォームを洗い流すと思うのです。それと同じことをきちんと頭皮にもやらなくてはいけません。頭皮と顔の肌の違いは髪の毛が生えているかどうか、という事です。髪の毛で覆われている分頭皮はシャンプー剤がきちんと洗い流されたかどうかが解り辛くなっています。それでもきちんと洗い流す事はとても大切なんですね。特に頭皮はたくさんの毛穴があります。そこにシャンプー剤が入り込んでしまってせっかくきれいに頭皮を洗ったのに、シャンプー剤野残りが毛穴に入り込んで毛穴をふさいでしまっているという結果になっている事が有るんですね。シャンプー剤は余分な皮脂を洗い流したらもはや役に立つどころか余計なものになってしまい頭皮に悪影響を及ぼします。きちんと毛穴からシャンプー剤を取り除いておくのが正しいシャンプーの最終プロセスであることを意識しておきましょう。

注目サロン情報

疲れてるときやちょっと自分にご褒美で”ヘットスパ”はいかがですか?
川越にある美容院
丁寧なカウンセリングから親身になってもらえて安心
池袋にある美容院
キッズスペースもあるので、お子様連れでも安心です☆
辻堂にある美容院

タグ: , ,

お客さんとの信頼関係

どんなクレームに対しても美容師は相手がお客さんである以上誠実に対応しなくてはならないでしょう。ですが明らかにそれは美容師にとって理不尽なクレームである、と思われる事もあります。そういったお客さんに対してはある程度は毅然と対応する事も必要でしょう。たとえば予約の時点でそのお客さんに関してはお断りする、といった具合です。クレームの内容やお客さんの名前をスタッフ全員で共有する事もクレームを減らしたりお店全体で対応する事ができるので必要となるでしょう。そして何よりもできるだけクレームを減らすための努力をスタッフが全員で取り組まなくてはならないでしょう。そこに必要になるのはやはりお客さんとの信頼関係である、と思いますね。普段の人間関係でもそうですが、信頼している人に対しては多少の不満があっても、その人に悪気があった訳ではない、という事が判断できる事もあり、文句を言うのを飲み込む事が出来る事も多々あります。美容師に対しても同じでしょう。ちょっと違うかな、と思ってもすぐにそれは「良かれと思ってやってくれたのかな」という発想に切り替える事ができればクレームには至らないでしょう。美容師も同じでしょう。そのお客さんとのコミュニケーションをしっかりととる努力をする事で意思疎通が上手く測れるようになりクレームも減らすことが出来るでしょう。

商品販売

お客さんが美容室に対する不満を言う中で「美容師が商品をしつこく売りつけようとする」という事が良く言われますよね。この商品の販売に関するクレームはとても美容師を悩ませるものとなっている様です。美容室に色々な美容用品が置いてある場合には当然ですがその販売の売り上げも重要なお店の収益となります。経営者としてはそういった収益も見逃せません。お店によっては美容師にノルマを課すこともあるようです。そうするとどうしても美容師はお客さんのカットをする事だけに集中するのではなく、その販売の事も考えなくてはならなくなります。お客さんに商品の説明をして買ってもらうように努力する事は本来は美容師の仕事ではない、ともいえるでしょう。そもそも販売は苦手だ、という美容師も多いはずです。ですがそうせざるを得ない状況になってしまうと、それはお客さんにとっては「しつこい営業」と感じてしまう事でしょう。美容師の腕も良いし仕上がりも悪くない、でもやたらと商品を勧めてくるのは苦痛だ、と思ってしまうお客さんも多い事でしょう。そのことに文句を言って来るお客さんはまれかもしれませんが、それが原因でお店から足が遠のいてしまうお客さんもいるかもしれません。美容師はお客さんとお店の板挟みとなり、辛い思いをする事があるようですね。

注目のサロン

自由が丘の新感覚美容室へお越しください
自由が丘にある美容院
お客様の疑問や不安を「伝える」ことで解消
新宿にある美容院
納得頂けなければ『完全返金』させて頂きます
柏にある美容院

タグ: , ,

男性の方が涼しいのか

夏のヘアスタイルに関して言えば、もともと髪の毛を短くしている男性の方が涼しいだろう、と思われますよね。確かに女性は髪を伸ばしている人も多く、夏場はそのヘアスタイルを維持するのもちょっと暑そうです。何かと暑さでやる気が起きない中でシャンプーをしたり乾かしたりスタイリングをしたり、というのも億劫になることも女性は多いのではないでしょうか。ついついシャンプーの後で髪を乾かさないで寝てしまった、という人も多いかもしれません。最初から暑い時には自然乾燥で十分、と思っている人もいるかもしれませんね。ところが夏の暑い時期こそきちんんと髪を乾かした方がいいみたいです。夏場の暑さというのは雑菌にとってはまさにちょうど良い温度だからなんですね。ですから髪の毛や頭皮に少しでも雑菌がついてしまうと繁殖しやすいと思われます。そういった点では本当に髪を短くしている男性の方が自然乾燥でも雑菌が増える間もなく乾きそうですし、そもそもシャンプーにもドライヤーにも時間がかからないのは羨ましい限りでしょう。ですが髪の毛が短くて少ない分、頭皮が太陽の影響を受けやすい、という事があるかもしれません。よく夏場に帽子もかぶらずに外に入ると、頭皮が日焼けしてしまう事がありますが、そういった事は短髪の男性の方が多く経験するのではないでしょうか。

アップスタイルの時の注意

夏は長い髪の人であればアップスタイルにするのが涼しく見えますよね。アップスタイルにする事のメリットは、暑さをしのげるだけではなくとてもおしゃれに見える事でしょう。アップの仕方によって表情が変わりますからバリエーションも豊かだと言えるでしょう。多くの場合アップにする事でとても大人っぽく見えますし、少し妖艶な感じを出す事も出来ます。一番アップスタイルが似合うのはやはり和装ではないでしょうか。夏に和装をする機会は少ない、と思うかもしれませんが、意外と多いものです。たとえば花火大会や夏祭りです。最近の夏の夜は熱帯夜の事も多く、なかなか涼しくはなりませんが、それでも浴衣を着るのは楽しみなものですよね。カップルで浴衣ファッションを楽しんでいる姿を見るのは、それだけでも微笑ましく夏を感じます。そういった時には多くの人たアップスタイルのヘアスタイルにします。ですがこのアップスタイルもきちんとまとまっていれば涼しげでキレイですが、すぐに崩れてしまったりおくれ毛が気になるようなまとめ方では余計に暑苦しく感じる時も有ります。アップにすると余計にそういった細かいところが目立ってしまうんですね。ですからアップスタイルにする時にはキレイに髪の毛がまとまっているか、すぐに崩れてしまったりはしないか、という事に気を付けた方が良いですね。

ピックアップ !!

ぜひお気軽にお越しくださいませ
立川にある美容室
川口市内に9店舗運営している美容院
川口にある美容室
貴方に癒しの空間を提供してくれる♪
横須賀にある美容院

タグ: , ,

上から目線の言葉遣い

美容室に来るお客さんの中で美容師とのトークが嫌だ、と思う理由の一つとして「美容師の話す口調が上から目線」「常にバカにされているように感じる」という事があると思います。これもお客さんのちょっとした被害妄想かもしれませんが、確かにそう感じさせてしまう話し方の美容師もいるかもしれませんね。初めて担当した時からそう感じさせるような美容師は、確かに日頃から少しお客さんを上から目線で見ているのかもしれません。特にイケメンの男性美容師だったりすると、常に指名を多く受けているとだんだんとそういった感じになってくる人も少なくないでしょう。「自分がキレイにしてあげる」という感じで話されると、気分を害する女性のお客さんもいるかもしれません。またこれまで長く担当してくれている美容師に対してそう感じる場合には、長く担当しているうちにだんだんと互いに慣れが生じてしまって、本来なら丁寧語で話していたはずが、砕けた口調になってしまったり、お客さんの方も最初は自分に対して色々とアドバイスをしてくれているのだ、と感じていたことが、「そこまで言わなくても」という余計なおせっかいに感じてしまったりするようになったのかもしれません。美容師としてはいつまでも良好な関係を保ちたいならば、そういった慣れには気を付けたいものですよね。

話を聞きたい

美容師とお客さんが会話をするうえで「話を聞きたい人」なのか「話をしたい人」なのか、という見極めが美容師にとっては大切だと思うんですね。もともとおしゃべりをするのが好きな美容師である場合には良かれと思って一方的にしゃべり過ぎてしまう美容師もいるようですが、それではお客さんにとってただの鬱陶しい会話、となってしまうかもしれません。お客さんによっては聞き役に徹してお客さんに存分にしゃべってもらうスタンスも必要でしょう。一方で美容師が話す事を楽しそうに聞いてくれたり、美容師に対してあれこれと質問してくるお客さんもいます。おそらくその美容師に対して「この人と話をするのは楽しい」と思っている事でしょう。そういったお客さんとの会話は美容師も楽しい事でしょう。どんな話をすれば喜んでくれるのか、という事をリサーチする事も必要でしょう。そのお客さんの興味のありそうなこと、前回はどんな話題で話をしたのか、という事を常にチェックしておくとそのお客さんは次回の来店も楽しみにしてくれるに違いありません。たとえば話題の映画の話になったことがあるのであれば、次回の来店時には忘れずに「あの映画観ましたか?」という話をすればきっと話が盛り上がるに違いありません。そういった「前回の事を覚えていてくれた」というのはお客さんにとってはとても嬉しい事でしょう。

TOPICS

幅広い年齢層のお客様の信頼が人気の証!
能見台にある美容院
店内は白とブラウンを基調とした温かい雰囲気
調布にある美容院
「安いから可愛くなれない…」なんて事はない!
蒲田にある美容院

タグ: , ,

過剰なシャンプー

頭皮のスキンケアがとても大切、シャンプーはきちんとやるべき、というような話を聞くと、毎日とても熱心にシャンプーをする人が出てきます。それはもちろん大切な事です。ですがそのシャンプーが落とし穴となって頭皮のケアが上手くできなくなってしまう事があります。それはシャンプーのやり方に問題があるケースです。シャンプーをする、という事は髪の毛の汚れを落とす事でもあるのですが、最大の目的は頭皮の汚れを落とす事です。頭皮の汚れの多くは皮脂汚れで、シャンプー剤は皮脂汚れを落とすように作られています。ですがシャンプー剤の種類によってはその洗浄能力が必要以上に大きい場合があります。特に「泡だちが良い」と感じるシャンプー剤ではそういう傾向にあります。ですからそういったシャンプー剤を使ってのこまめなシャンプーは必要以上に皮脂を落としてしまう危険性があります。皮脂は本来頭皮に必要なものです。不必要なほどの皮脂だけを落とす必要があるんですね。ですからシャンプー剤を選ぶ時にはそういったことにも気を付けなくてはなりません。決して洗えば洗うほど頭皮に良い、という事にはならないのです。汗をかきやすい夏場などは、なんどでもシャンプーをする事で頭皮の毛が十分できている、と考える人もいるかもしれませんが、必要以上の皮脂を落としてしまう事で頭皮が乾燥してしまい、その結果ますます皮脂を分泌しやすい頭皮になってしまう、という悪循環に陥る可能性があります。

頭皮ケアでやるべきこと

みなさんは「スキンケア」と言えばどんなことをやりますか?顔で考えてみれば「洗顔」と「クレンジング」「保湿」といったことではないでしょうか。クレンジング、洗顔にあたるものが頭皮においてはシャンプーである、と言えるでしょう。普段から顔に対してとても熱心にクレンジングや洗顔をしている事を考えると、頭皮にたいしてのシャンプーと言うのはとても大切なケア出る事が解ると思います。ですからシャンプーにはもっとこだわってもよいのではないでしょうか。そのひとつとしてシャンプー選びです。おそらくみなさんは顔を洗う洗顔フォームやクレンジング剤については結構こだわっていると思うのです。自分の肌に合ったものを選んでいると思いますし、顔にたいして施すものですから少々値段が高くても購入しているのではないでしょうか。ところがシャンプーとなるとあまりこだわりを持っていない人が多いように思うのです。時には「洗えればよい」「泡立てばよい」と思っている人もいるのではないでしょうか。そう思う要因の一つとしてシャンプーの値段はピンからキリまで様々です。おそらく値段がそれだけ幅広い、という事はシャンプー剤の室においてもピンからキリまであるのだと思います。そして洗えればよい、と思っている人はたいてい値段が安いものを選んでしまっているのではないでしょうか。同じことを洗顔フォームを選ぶ時にもするのか?と聞かれるとおそらくそうではないと思われます。

Pickup site !!

丁寧な技術が人気でリピート率90%以上!
川口にある美容院
こんな要望に応えられるのは当店人気のパーマ♪
大宮にある美容室
幅広い年代の方にご満足頂いております☆
城南にある美容院

タグ: , ,

お客さんは緊張している

美容師の皆さんに知っておいてもらいたいのは、美容室に来るお客さんの多くは多少なりとも緊張している、という事です。これは初来店なら尚更でしょう。だれでもはじめての場所に行くのは緊張しますし、ましては自分の髪を切ってもらう人がどんな美容師なのか知らない、というのはかなりの緊張のはずです。こういった初来店の時のお客さんの緊張については美容室の皆さんも周知している事と思いますが、何度来店しても緊張するお客さん、というのも案外多いのではないでしょうか。お客さんの中には何度も同じ美容師を指名している間に、美容師とまるで古くからの友人の様に話が弾むような人もいます。美容師の方も気を許してしまう事もあるでしょう。ですがその逆に何度同じ美容師にカットしてもらっても、いつも緊張して上手くオーダーできない、というお客さんもいます。それは性格によるものかもしれませんし、どこかしらその美容師に対して引け目やコンプレックスを感じているからかもしれません。お客さんは色々な思いを抱いて来店していますし、指名する時もとても気を使っている人が多いものです。たとえばそんなに美容師にこだわりが無かったとしても、一度カットしてもらった美容師を次に指名しなければ申し訳ない、と思ってしまうお客さんも中にはいるんですよね。

オシャレには興味が無いお客

人によっては美容室へ行く目的はヘアスタイルを整える事であり、それはオシャレであるとかトレンドと取り入れている、といった事ではなくただ人前に出る時に恥ずかしくないような清潔感を保つスタイルであれば問題ない、という人もいるかもしれません。言ってしまえばオシャレであることには興味が無いと言う人ですね。そういう人がいるのも不思議な事ではありませんし、その人はオシャレにお金を使うぐらいなら、何かほかに夢中になれる事があるに違いありません。ですがこういうお客さんは美容師にとっては、もしかしたら「ちょっと物足りないお客さん」かもしれませんね。「いつもと同じで」というオーダーが殆どであるとしたら、もうすでに解っているヘアスタイルをただ事務的に作って仕上げる事が仕事であり、その仕上がりに対するお客さんの反応も、特に感激したりするものではなく、落ち着いたものだと思われます。それが面白くない、と思う美容師もいるかもしれませんが、それでも自分のもとを訪れてくれるお客さんは大切な存在でしょう。そういうお客さんを「面白くない」と思うか、そういうお客さんだからこそ何とかして喜ばせたい、と思うか、という美容師のモチベーションの持ち方も、人それぞれなのかもしれませんね。

PICKUP SITE !!

なりたいイメージに個性を合わせた、あなただけのデザインに☆
菊川にある美容室
経験豊富なスタッフに何でもご相談ください。
立川にある美容室
NET予約が×でもTELなら予約できるかも!
大森にある美容室

タグ: , ,

顧客管理や売り上げ管理

ネット予約が出来るようになったうえに、近年では顧客管理や売り上げ管理のプログラムも美容室に提供されている様です。たとえばネット予約ができるようになったとしても、それは一部のお客さんにすぎません。まだまだ電話予約をしてくるお客さんの方が多い、という美容室も有ります。そうなるとネット予約と電話予約の管理を二重にしなければならない、といった現象が起きている美容室もあったはずです。それをひとまとめにしてくれるプログラムも出来た様なんですね。お店で受けた電話予約もネット予約と同じプログラムで管理できるようになれば、予約を重複して取ってしまうような事もなくなるでしょう。そればかりか予約からさらにそのお客さんの情報や、そのお客さんがもたらした売上なども管理できるようなシステムを提供してもらえば、トータル的にネットで管理できるようになります。そういった管理方法が徐々に各美容室に浸透してきているので、段々と美容師の業務内容も変わってくるかもしれません。今後の人手不足を思えばそういったプログラムを積極的に導入する事が望ましいかもしれません。ですがお客さんとの最初の関わりである「予約」をネットで行う事により、お客さんとの関わりが少しドライなものになってしまう可能性も否めませんね。

分析機能

美容室に関するネットプログラムは美容室のあり方やスタッフの業務内容を変えてきているかもしれません。ですがそれが予約と管理、というだけで終わっているのでは勿体ないですね。そこからさらにそういった情報をインプットして管理していく中でその情報を解析してさらなる集客や利益につなげていく、という事が大切でしょう。実際にそういった方向へ美容室を指南している企業も有り、美容室にとってはなんとも頼もしい事でしょう。ですがそこにはその企業やコンサルタントに使用料などを支払う必要があります。その経費を高いと思うか安いと思うか、という事は各美容室の事情によると思います。中にはそういった分析はプロに任せた様が良い、という考えの経営者もいるかもしれません。逆にいくらプロとはいえ自分の店の細かい事情やこれまでの歴史を考えると単純に数字だけで分析するわけにはいかない、と考える経営者もいるかもしれません。ですがそういった経営の仕方が出てきた、という事はとても画期的な事で、お店によっては十分に利用価値があると思われます。どんなシステムを導入しようと、肝心なのは結果を出して次につなげる事が出来るかどうか、という点でしょう。ネット予約に始まったシステムの導入については、まずは経営者が賢くならないといけない、という事もあるかもしれませんね。

特集サロン3選

圧倒的知識で髪の状態を把握し最旬カットであなたの魅力UP☆
門前仲町にある美容院
キャリア豊富なスタイリスト在籍
清澄白河にある美容院
圧倒的支持率のお洒落メンズサロン★
与野本町にある床屋

きめこまやかな情報

インターネットで美容室をさがし、そのまま予約サイトへとアクセスする人が増えてきた、という事は、お客さんはネット上の情報だけで美容室や美容師を決めて予約をしてくる、という流れになります。そうするとそのネット上の情報がいかにお客さんにとって魅力的なものか、という事が集客のカギになってきます。いくら今空いている美容室だからとはいっても、美容室の情報があまりにも少なかったり、古い情報のまま更新されていないような美容室であれば行くのを躊躇してしまうのではないでしょうか。ネットですべてが完結してしまうのであれば、もはやそのネット上の情報で勝負をしなくてはならない、という事になります。美容室情報もきめこまやかな情報が期待されます。お客さんにとっては今予約できるかどうかも大切な情報ですが、どんな美容室かという事もとても大切です。たとえば少し年齢を重ねた人が若い人ばかりの美容室には行きたくない、と思う事は当然でしょう。そんな時にスタッフの年齢層や客層の情報が得られない場合にはこの美容室に自分が行っても良いものかどうか不安になってしまう事でしょう。そして少しでも不安があるとおそらくネット予約はしません。これがもしも電話予約であればその場で電話口のスタッフに聴いてみる事も出来ますし、スタッフが不安を解消してくれる事もありますが、ネットではそうはいきません。

予約管理

ネット予約ができるようになってから、楽になったのはお客さんだけではなく美容室のスタッフたちもずいぶんと楽になったのではないか、推測できます。ひとつはインターネットなのでお客さんはいつでもどこでも予約ができるようになり、美容室側から言えば24時間予約の受付が出来るようになったのですね。そのため電話予約の時には「今日はもう営業時間外だから予約がの電話が出来ない」というような状況が無くなりました。美容室のスタッフが寝ている間でも予約が入ってくるのですね。また予約の管理の形態がちがってきたと考えられます。電話で受け付けてメモを取る、それをみながらカレンダーで管理したりパソコンに入力する、といった二度手間が無くなったと言えるでしょう。予約管理サイトにアクセスすればいつでも予約状況を見る事ができます。それも人の勘違いや言い間違い、入力の間違いなども無くなります。お客さんが入力した通りがデータとして登録されます。これによって美容師の皆さんは施術中に電話を受ける事もかなり減ったと思われますし、間違いによるトラブルも減った事でしょう。ネットは美容室にとってただ情報を提供してクーポンを発券するだけの役割にととまらなくなり、美容師の業務を軽減したと言えるのではないでしょうか。

美容院・美容室の予約はこちら

近鉄奈良駅すぐ!カラーリピート率95%以上!
奈良にある美容院
池袋で話題の トレンドヘア×プチプラ人気サロン☆
池袋にある美容院
再現性にこだわり尽くしたカット
目白にある美容院

家族が寂しい

美容室がゴールデンウィークに空いているかどうか、というのは主にお客さん側の問題になると思うのですが、美容師にとっては仕事かどうか、という問題でそれは美容師の家族にも影響するところです。大型連休ともなると多くのご家庭では家族とどう過ごそうか、という事を考える事でしょう。ですが夫や親が美容師であるがために連休を家族で過ごす事が難しくなる事も良くあることでしょう。割り切って連休はどこにも行かない、何もしない、という事であれば良いかもしれませんが、特に小さいお子さんがいるご家庭では「子供がかわいそう」と思う人も少なくは無いでしょう。たとえば故郷がかなり離れた所にある人であれば、お母さんが子供を連れて里帰りをする、お父さんは美容師だから仕事、という事もあるかもしれませんし、それはそれで楽しいものかもしれません。ですがゴールデンウィークは家族で旅行、というような話を聞くと、子どもは家族が揃わない事や、どこにも旅行に行かない事にがっかりしてしまったり、寂しい思いをしてしまったりするかもしれませんね。そもそも美容師と結婚すると子どもと休みが合わなくて寂しい思いをさせることになる、というのは良く言われる事です。美容室によっては家族のいるスタッフを優先的に休ませたりする事もあるようですけどもね。

前半と後半

ゴールデンウィークの話をする時によく「前半」とか「後半」という言葉を使いますね。4月の末からの休みを「前半」5月に入ってからの連休を「後半」と言いますよね。その間の日も年によっては休日となり大型連休となります。では美容室に行く人、というのは前半に行く人が多いのでしょうか、それとも後半でしょうか。おそらく多くの人はゴールデンウィークに入る前に美容室へ行ってヘアスタイルを整えてから連休を迎える事を望んでいるでしょう。ですが人によっては後半に美容室へ行って、連休明けに備える、という人もいますよね。ゴールデンウィークに散々遊びまくるのできちんとヘアスタイルを整えて連休明けには休みモードをリセットしてから仕事や学校に戻りたい、と思っている人も少なくないでしょう。海外旅行、特に海や山へ行った人であれば紫外線などとかなり浴びていて髪の毛に負担がかかっている可能性もありますから、ヘアスタイルと帰る為、というよりは髪の毛のケアをする目的で美容室へ行くのも良いのではないでしょうか。さすがに連休の最終日ともなると出かける事も控える人が多く、そういった日に美容室の予約を入れてみるのも良いかもしれません。心身ともにリラックスして連休明けに備える事ができるでしょう。

注目サロン情報

自分史上一番素敵を引き出すカラーをご提案♪
北生駒にある美容院
大人のキレイ&可愛い”をトータルプロデュース♪
北生駒でネイル
ラッシュアディクト正規取扱店
北生駒でまつエク

外れた時期に連休を取る

そもそも一般の人たちでもゴールデンウィークなんてどこへ行っても人が多いのでどこにも行く気がしない、という人もいるでしょう。シフト制の勤務スタイルの人たちなどはゴールデンウィーク中は時給があがったりするので好んでそういった時にシフトを入れる人もいる事でしょう。美容師も同じかもしれません。こういう日に働いて逆に別の日に休みをもらって、そこをゴールデンウィーク並みに遊んですごす、という計画を立てる美容師もいる事でしょう。ですがびようしつはそもそも連休が取りにくい、という事が言われています。その店舗にもよるのですが、美容室が長期にお店お占めている事はあまりありません。なかなかそういった休みを取ることを決断する経営者はいないのでしょうね。ですがお店によっては交代でゴールデンウィークの代わりの休みをスタッフに取らせている所もあるようです。そうするとまさにその休みがゴールデンウィークとなります。その時にはゴールデンウィークほどどこも混んではいませんし、ホテルの予約や娯楽施設などでは料金も安くなっている事がほとんどです。確かにゴールデンウィークの雰囲気を味割ることはできないかもしれませんが、やすくゆっくりと休暇を楽しむ、というのであればむしろゴールデンウィークのでなない時の方が良いのではないでしょうか。

美容師のゴールデンウィーク

お客さん側からするとゴールデンウィーク中というのは予約の混雑に関して言えばとても予約の取りやすい穴の日となっていると思います。多くの人はわざわざゴールデンウィークを選んで美容室へ行く事はしないからです。逆に予約が取りやすい事を知っているからわざわざゴールデンウィークを選ぶ人がいるかもしれませんけれどもね。美容師側から言うとゴールデンウィークの出勤と言うのは仕事量としては少なくて落ち着いて仕事をする事が出来るかもしれません。余り忙しくないのでゴールデンウィーク中はスタッフの人数を少なくして営業している所も有ります。多くのスタッフを入れた所で予約が少なければ人件費が無駄にかかるだけですからね。逆にゴールデンウィークなのに出勤してくれるスタッフに対しては多少のメリットがあるようにしている美容室も有るかもしれません。美容師にとっては出勤してしまえば人並みに連休を過ごす事は出来なくなってしまいますが、そんなに忙しくは無い事がわかっているのであれば、こういう時に働くのも悪くは無いかもしれません。いずれにしても美容師である限りは一般的な企業などとは休める日がちがっているのは覚悟の上でしょう。それでも大型連休となると長期の休みで海外旅行などに行く人たちを羨ましく思う事もあるかもしれませんね。

注目のサロン

カラーが得意なサロンです!カラーリピート95%以上!
新石切にある美容院
イルミナカラー×髪質改善トリートメントで憧れのうる艶髪へ♪
東花園にある美容院
広い駐車場完備!あなたのお爪を大切に
東花園でネイル

Top