再来店の決め手を聞く

お客さんとのコミュニケーションを大切にする美容師であれば、一度の来店時の会話で満足する事はしないでしょう。もしもそのお客さんが一度目の来店でその美容室を気に入ってくれて、再来店してくれたとします。そうするとそれで「前回の来店で満足してもらえたのだな」という事だけで美容師側も満足してしまうかもしれませんが、さらに「どんな所が気にってくれたのだろうか」と考える美容師ならば今後もさらに活躍する事が出来ると思われます。つまり再来店してくれた理由がどこにあったのか、という事を知ることで「どこがよくて、何が足りなかったのか」という事を知るきっかけとなります。もしかしたらそれは仕上がりにこだわったお客さんが、ただ思い通りのヘアスタイルになったから再来店してくれたのかもしれません。その反面なにか反省すべき点もあるかもしれません。たとえば施術中にそんなに話しかけてほしくは無かったのに、かなり話しかけられて少し辛かった、というような事もあるかもしれません。どういった点が良くて再来店してくれて、どういった点には不満を感じたか、という事をきちんと把握して反省する事で、美容師自身のスキルアップにもつながりますし、ふたたび再来店してもらうことにもつながると思われます。美容師の方ではお客さんと出来るだけコミュニケーションを取ろう、としてもお客さんの方がそれを望んでいない、というケースは良くあることです。皆が皆美容師と会話をしたいと思っている訳ではないんですね。自分の希望通りのヘアスタイルを作ってもらえたら、それ以上の事は望んでいない、という人も多いものです。むしろ美容師が話しかけてくるのが鬱陶しい、と感じているお客さんも多いのです。そこで美容師に求められるのは、そのお客さんは美容室でどのように過ごそうと考えているか、という事を知ることなんですね。自分が話しかけている時のお客さんの表情、パーマやカラーの放置時間にどのように過ごしているか、などを観察する事でそのお客さんが美容室に居る間どのように過ごす事を心地よいと感じているかがわかることでしょう。たとえば自ら美容師に色々と質問してくるようなお客さんなら、美容師との会話を楽しもうとしているお客さんでしょう。逆に何を聞いても短い答えしか返ってこないようなお客さんであれば、話しかけられることを望んではいないのかもしれません。ですがそんなお客さんでもカウンセリングを蔑にするわけにはいきません。必要以上の問いかけは不要ですが、確認事項はきちんとしなくてはいけませんね。就職 独立 求人 町田

ヘアカラーの施術時間

ヘアカラーをしよう、と思うととても時間がかかるイメージがありますよね。確かに作業をしている時間と言うのはとても長いですし、薬剤を浸透させるための放置時間もどうしても一定時間かかりますから、カラーをするのには時間がかかる、という認識は持っておいた方が良いでしょう。基本的にはそのお客さんの髪質、要望内容によって施術時間は変わってきます。平均的に言うとカットも込で一時間半から二時間と言った所でしょうか。これは一回薬剤を塗るだけで済む場合と考えた方が良いでしょう。この一時間半からに時間を言うのはどちらかというと早く仕上がったケースで、この時間内に仕上がる条件としては、まずは一度の薬剤塗布で済む事、お客さんの髪質にカラーリングをするうえでトラブルが無い事がすぐに確認できる事、お客さんの髪質が平均的な時間で薬剤が浸透する髪質である事、などが挙げられます。また一番差が出るのがカウンセリングの時間かもしれません。お客さんの方が一から漠然と「カラーリングをしたい」と言っているだけの場合には、美容師の説明も長くなりますし、お客さんの意思決定も遅くなるケースが多い様です。こんな髪色になりたい、これまではどんな事をしてきた、自分の髪の悩みはこんなことだ、といった事をお客さんが自分自身でスムーズに語れる場合は、カウンセリング時間が大幅に短縮できるようです。だいたいこれぐらいで済むだろう、と思っていたカラーリングの施術時間が大幅に長くずれ込んでしまった、という経験をした事がある人も多いのではないでしょうか。実際にヘアカラーをする時には美容師でも想定外な事が起こることが多いようです。それは主にお客さんとのカウンセリングでの認識の違いや、お客さんの髪質、一度の薬剤塗布では済まないオーダーだった、といったケースです。当然ですがロングヘアーであれば、それだけ作業時間が多くなりますから仕上がる時間も遅くなります。たとえばお客さんが自分がカラーリングをする事に対して具体的なイメージをもたないまま来店して来た場合、まずはカウンセリングに時間がかかります。そのうえお客さんの髪質が薬剤が浸透しにくい髪質であったり、髪の毛の量が多い、といった時にはさらに長く時間がかかってしまいます。色々な条件が重なってしまうと平均的にかかる時間よりもかなり長くなってしまう事も考えられます。ヘアカラーをお願いする時、特に初めてやってみる時や初めての美容室での施術の場合には、美容室以外の予定は入れない、ぐらいの気持ちの様が良いかもしれませんね。あまりに時間がかかった時には何故時間がかかったのか、という事も説明してもらっておくとその後のカラーリングの時に役に立つでしょう。就職 独立 求人 横浜

聞きなれれない専門用語

お客さんにはあまり関係ないかもしれませんが、美容師が専門的に使っているヘアカラーに関する用語も有ります。たとえばハイライトやローライトのコントロールをする時にアルミホイルを使う事が多いのですが、そうやって染めたいところ以外をアルミホイルで包んでおくことを「ホイルワーク」と呼んでいます。他にも頭皮に薬剤が付かない様に根元のギリギリのところまでで薬剤の塗布を止めておくことを「ゼロテク」という様です。これはとても難しい技術とされていて「ゼロテク」が出来る、という美容師はカラーリングの技術が高い美容師だ、と言えるでしょう。また良く聞く用語の中に「ホームカラー」というのがあると思いますが、これは美容室でカラーリングをする事に対して、自宅でお客さんが自分で髪を染める事を「ホームカラー」と呼んでいるんですね。つまり美容室以外の所で美容師以外の人が行うカラーリングを少々してホームカラーと呼んでいます。名前からして何かの色合いの説明か、と勘違いする人もいるかもしれませんが。そういう意味ではありませんね。カウンセリング時などに自分の知らない言葉を使われると不安になります。ですがなかなか「それは何ですか?」と聞くのも勇気がいるものです。少し予習をしておくとカウンセリングの時の不安が解消されるかもしれません。美容師によっては当然のようにヘアカラーに関する専門用語を使う人もいます。お客さんにとっては「それは何?」と思ってしまう事もあるでしょう。美容室でよくつかわれるヘアカラーに関する専門用語としてよく使われる言葉をあらかじめ知っておくとカウンセリングでも役に立つでしょう。たとえば「リタッチ」という言葉があります。これは一度ヘアカラーをしてもどうしても髪の毛が伸びてきますから、伸びてきた部分だけが地毛の色になってしまっていわゆる「プリン」の状態になります。その時に全体を染め直すのは時間もお金も負担が大きいので、伸びてきた根もとだけにカラーを施す事を「リタッチ」と呼んでいます。またカウンセリングなどで色合いを検討しているときに「ハイライト」「ローライト」という言葉が使われると思います。これは基本となる色に対して明るさや色味のちがうカラー剤を入れてさらに色を作ることがあります。その際に基本よりも明るくする事を「ハイライト」暗くすることを「ローライト」と呼びます。このハイライトとローライトを上手く使う事でヘアカラーの楽しみ方がぐんと広がる、と言われています。美容師さんとのカウンセリングの際に、どんなスタイリングにしたいか、などの希望を伝えてコントロールしてもらうとよいでしょう。就職 独立 求人 表参道

転職回数

美容師の中にはなかなか自分なりの条件を満たす美容室に出会う事が出来ずに転職を繰り返す美容師もいます。一つの美容室で働くことに長続きしないので、そういう職歴を見たら、当然面接官からなぜこんなに転職を繰り返しているのか、という事を問われることになります。いまでは一般企業においても転職をする事は珍しくはない事ですが、まだまだ職と転々とする事は印象が良いものではないようです。ですから何件もの美容室で働いた経験のある美容師に対しては、なぜそんなにすぐに辞めるのか、という理由をきちんと知っておきたいと思うのは当然でしょう。それだけ転職を繰り返している、という事は今回もせっかく雇っても長続きしない可能性も大きい、と考えるのが普通でしょう。ですから採用されたいならば、その理由を面接官にとって印象の良いものにする必要があるでしょう。「それなら転職を繰り返しても仕方がないか」と相手を納得させるような理由を考えなくてはいけません。多くの場合ただ不満があって結果的に転職を繰り返しているだけ、という美容師が殆どだと思いますが、たとえばそれぞれのお店に一つの技術に長けている人がいて、一つ一つ勉強したかったから、というような前向きな理由が望ましいですね。だからといってあまりにも本心とかけ離れた嘘は見抜かれてしまう可能性もあります。転職のために採用試験を受ける時には面接で必ずと言っていいほど、前の美容室を辞めた理由を聞かれるものです。面接官としてはその人がどんなことに不満を感じて退職に至ったのか、という事には興味があるはずです。同じ状況が今度の美容室で発生すれば、その人はまた辞めてしまうかもしれないからです。美容室にとって美容師一人が辞めてしまうのは、かなり売上に影響するものと思われます。特にお店をかえようと考える人であれば、なにか不満があるたびにお店を変える事も抵抗なくお店の方が困ってしまう事も考えられます。ですから辞めない美容師が入ってくれる方が望ましい訳ですね。ですから必ず退職理由は聞かれると思うのですが、そこであまりに自分の都合ばかり主張するのは印象が良くないでしょう。一番良いのは、たとえ何らかの不満があったからだとしても、「ステップアップのために別の美容室でも働いてみたいと思った」という理由辺りがいちばんよいかもしれません。もっともその理由をみんなが使えばそれが本当の理由かどうかも怪しく感じるかもしれませんけどね。ただ「あれが嫌だった」「これが耐えられなかった」と否定的な事ばかり理由として述べるのはただ我儘である、という印象になりかねないので注意したいところです。採用 アルバイト 求人 柏 美容室

スタッフの良し悪し

どんな業界のお店でも言える事ですが、そのお店に入った瞬間に「このお店あまり好きじゃないな」と思う時がありますよね。また入った時には何とも思わなかったけれども店員さんに話しかけられた瞬間に嫌な気分になった、という経験もあると思います。これはお店のスタッフがどれほどお店の良し悪しに影響しているか、という事につながります。つまりどんなに素敵な内装のお店でも、扱っている商品が素晴らしいものであっても、その場に居合わせるスタッフの印象や接客が良くないと、そのお店はお客さんにとっては決して「良いお店」とは評価されません。美容室も同じでどんなに素敵なスタイリストさんがいる美容室であっても、アシスタントさんのレベルが低い、レセプトの態度が悪い、とても愛想の無いスタッフがいる、というスタイリストのテクニック以外の所でもその美容室の評判が下がってしまう要因は多々あります。逆に言えば、スタイリスト以外のスタッフの評判が良いお店、というのはお店全体の雰囲気の良さにつながります。確かにスタイリストの腕は大切ですが、それだけでは良い評判を得る事が出来ないものです。つまり美容室において大切なのは、スタッフ全体の感じの良さや気遣い、そして接客や技術だといえるでしょう。髪の毛を乾かすときに使うドライヤーですが、冷風機能を使いこなせている人は意外と少ないようです。乾かすだけなら温風だけでも十分なように感じられますから、無駄な機能だと考えている人も中にはいるかもしれません。夏のように暑い季節になると冷風の風が気持ちよく感じますが、冷風機能には大事な役割があります。髪の毛は熱に弱く、ドライヤーの熱によって傷んでしまうこともあります。頭から20センチほどの距離を維持して乾かす事が大事ですが、それでも熱によって髪の毛はいたんでしまう可能性もあります。熱くなった髪の毛は冷風によって冷やしてあげると傷みにくくなり綺麗な髪の毛を維持出来るようになります。更に仕上げに冷風を使うと髪の毛の主成分であるタンパク質は固まり、髪の毛がセット出来るようになります。髪型にこだわっている人には仕上げの冷風がとても重要になります。髪の毛を乾燥させるときには温風を使って8割程度乾かすようにします。完全に乾かしてしまうと髪の毛の乾燥を招いてしまい傷みやすくなるため、適度に湿っている状態にする事が大事です。そして残りの2割は冷風によって乾かすようにします。自然乾燥は髪の毛によくありませんが、8割程度乾かした髪の毛は残りを自然乾燥に任せるという方法もあります。自然乾燥には時間がかかりますので冷風で乾かしてしまった方が時間の短縮になるという事です。ドライヤーの冷風機能を活かして髪の毛を労るようにしてあげてください。二子玉川 美容院

どんな女性にどんな雑誌を渡すかの見極め

実際に女性客の皆さんが、スタッフから手渡される雑誌で不快な思いをする事がある、という現実がある限り、美容室の方でも対策を立てなくてはいけません。実際にそういう事でお客さんに不快な思いをさせない様に、と対策を立てている美容室も有るようです。つまりどのような女性にどのような雑誌を渡すと喜ばれるのかを見分けるポイントを掴んでいるのです。そしてそれをスタッフに徹底して、お客さんが喜ぶような雑誌のチョイスをするように心がけている様なんですね。その基準となるのはやはりその女性の年齢のようですね。結婚しているかどうか、も一つの基準になりますから指輪の有無とか、最初にカルテを見て情報を得ておく、という事が必要になるかもしれませんね。年齢の想像はついても、既婚か未婚か、という事になると微妙な外見の女性も多くいます。ですが大抵の女性は「若く見られることに対しては文句を言わない」と言う傾向があります。既婚者に見られるよりも、独身者に見られる方が「若い」と思ってもらった、という事につながるからでしょう。ですがそれにも幅があって、あきらかに30代だろう、という女性に良かれと思って独身向けの雑誌を渡すと、「結婚が遅い事に対する嫌皆の?」という感じを受ける女性もいるかもしれません。アシスタントが仕事ができるかどうか、という事は以外にもその美容室の評価にも大きく影響してきます。みなさんが美容室に行った時のことを思い出してみると解ると思うのですが、美容室に入ってまず受付をしてカウンセリングをして、そこまでは自分の指名した担当者との関わりですから問題ないと思うのですが、施術のまず第一歩であるシャンプーは大抵の美容室ではアシスタントが担当します。つまりまず自分の髪を触って何か施す最初の人はアシスタントである場合が多いんですね。ここでシャンプー中に何かやらかしてしまう、接客態度が悪い、というような事が起こると、お客さんとしたらせっかくカウンセリングを済ませたこれから自分がどの様に変身できるのか、と楽しみにしているのに、出鼻をくじかれるような気分になってしまうでしょう。その事で一度気分を害したお客さんに対してそのフォローをするスタイリストも大変です。スタイリストにしてみれば「あのアシスタントのせいで…」という感情が沸いてきてしまっても仕方がありません。そしてそのギスギスした雰囲気は美容室全体に影響するのは間違いありません。お客さんですら時々「この美容室、スタイリストがアシスタントに対して冷たい態度を取るんだな。人間関係が良くないのかな」という不安を感じる事がありますよね。小岩 美容院

遠方の美容室

美容室の情報をSNSを通じて得る事が出来る様になると、美容室のお客さんにも変化が表れてきたようです。それはわざわざ遠方から訪れるお客さんが増えた、という事のようです。特に都心の人気美容室では、県外からわざわざ訪れるお客さんも多いようです。驚くべきことに、そんなお客さんの中には男子高校生のグループもいるようなんですね。たとえば都心の人気美容店に埼玉からわざわざ訪れる、といった具合です。SNS上で得た情報で「あの人気店でこんな風にカッコよくなれた」という情報があると、休日を利用して友人たちとその美容室に訪れてみる様なんですね。美容室の方でもそういうお客さんは大歓迎ですよね。さすがに学生ですからメニューの単価は高いものではないかもしれませんが、彼らの情報発信力というものは物凄いものがありますから、美容室側としても彼らを学生だから、と侮る訳にはいかない時代なんですね。たとえば部活に所属している学生ならば、後輩たちにもその情報を拡散するでしょうし、自分のSNSを通じてまた全国的規模でその情報を発信する事が可能です。そうすると年齢や立場を問わない人にもその情報は伝わります。良い情報も勿論ですが、悪い情報も同様にあっという間に拡散される時代です。学生たちを子どもだ、と思っていると痛い目に合うのは美容室の方かもしれません。経営者が心から「うちの美容師には、将来的には独立する事を目標としてほしい」と言うスタンスで教育をして行った場合、本当に独立をするスタッフが出てくるはずです。そこまでのレベルの美容師が育ってくれる事は喜ばしい事ですが、現実問題としてその美容師が独立していけば、優秀な美容師を1人失う事になります。その事は覚悟しておくべきことですし、そうなった時にも美容室全体のレベルを落とさないための対策はきちんとしておかなくてはいけませんよね。そのために必要なのは、スタッフのレベルの底上げだといえるでしょう。一人の美容師が独立した時には、二番手の美容師が必ずやその美容師の代わりに活躍してくれるぐらいに成長しておかなくてはいけません。ですから成績の良い美容師に目をかけるばかりではなく、各々の美容師がチャンスがあればどんどん上のポジションに着くことが可能になるように、先を見込んだ教育をして行かなくてはいけない、という事ですよね。そのように経営者が目を配っている事は、そこで働くアシスタントや見習いの美容師たちにとっても、自分たちもレベルアップするチャンスがある、という事を日々実感できることになります。けっして夢物語ではなく、そういう日が来るのだ、と思える事は、日々の働き方にも影響してくる事だと思われます。八王子 美容室

オシャレを追及する休日

イマドキの男子高校生たちは、ひとつのイベント様におしゃれについて考える時間を過ごす様です。友人たちと人グループになってファミレスに集まり、ファッション雑誌やスマホなどを片手に、自分にはどんなスタイルが似合うか、どんなファッションが似合うか、などを語り合い、時にはふざけてわざと奇抜なスタイルを友人に提案したりして笑いあったりするようです。そしてその情報をもとに、次の休日にはあの店に買い物に行こう、とか今度なあの美容室に行ってみよう、予約を入れておこう、等と言う話で盛り上がる事もある様で、グループで集まっては、オシャレを追求する時間を過ごす男子も少なくないようです。話だけ聞いているとまるで女子の集まりではないか、とも思える感じですが、逆に女子よりも男子の方がさっぱりしている分、互いに似合うヘアスタイルなどを提案する時には、盛り上がるかもしれませんね。女子同士だとどうしても本人がしてみたい、と言っているスタイルに対して「それは似合わないよ」というはっきりとした意見を言うことなく、逆に「いいね~」「それにすれば」と気を使って同調する事の方が多いかもしれません。ですがどちらかと言えば本音トークが出来る男子たちは、より的確なアドバイスがお互い出来るかもしれませんし、思い切った挑戦が出来るのも男子の方かもしれません。では、どうしてそんなにアシスタンとは成長出来ないものなのでしょうか。もちろんすべてのアシスタントが成長が遅い訳ではないでしょう。中には同期の中でも驚くほどの成長ぶりを見せるアシスタントもいる事でしょう。ですが実際には多くのアシスタントたちがお客様の前に出ることなく退職していくと言われています。それは美容室業界にとってはただ「アシスタントとはそんなもの」という考え方で済ませられる問題ではないような気がします。これだけのアシスタントが辞めていく中で「それが当たり前」という考え方が美容室業界の常識になってしまっているのかもしれません。つまり美容師デビューまでたどり着けるアシスタントが凄いのであって、アシスタントの大半が辞めて当然、という雰囲気が美容室業界にはあるのだと思います。そしてそれは美容室を目指す人たちの中でも当たり前となっている現状なんですね。ですがこの状況と言うのは決して望ましい状況ではありません。どうしてこのような状況が蔓延しているのか、と逆の方向から見てみる事も必要なのではないでしょうか。美容室内に「どうせこの中の何人かは辞めていくんだし」という雰囲気が生まれてしまうのも、決してその美容室にとって良い事だとは言えません。横須賀 美容院

Top