顧客管理や売り上げ管理

ネット予約が出来るようになったうえに、近年では顧客管理や売り上げ管理のプログラムも美容室に提供されている様です。たとえばネット予約ができるようになったとしても、それは一部のお客さんにすぎません。まだまだ電話予約をしてくるお客さんの方が多い、という美容室も有ります。そうなるとネット予約と電話予約の管理を二重にしなければならない、といった現象が起きている美容室もあったはずです。それをひとまとめにしてくれるプログラムも出来た様なんですね。お店で受けた電話予約もネット予約と同じプログラムで管理できるようになれば、予約を重複して取ってしまうような事もなくなるでしょう。そればかりか予約からさらにそのお客さんの情報や、そのお客さんがもたらした売上なども管理できるようなシステムを提供してもらえば、トータル的にネットで管理できるようになります。そういった管理方法が徐々に各美容室に浸透してきているので、段々と美容師の業務内容も変わってくるかもしれません。今後の人手不足を思えばそういったプログラムを積極的に導入する事が望ましいかもしれません。ですがお客さんとの最初の関わりである「予約」をネットで行う事により、お客さんとの関わりが少しドライなものになってしまう可能性も否めませんね。

分析機能

美容室に関するネットプログラムは美容室のあり方やスタッフの業務内容を変えてきているかもしれません。ですがそれが予約と管理、というだけで終わっているのでは勿体ないですね。そこからさらにそういった情報をインプットして管理していく中でその情報を解析してさらなる集客や利益につなげていく、という事が大切でしょう。実際にそういった方向へ美容室を指南している企業も有り、美容室にとってはなんとも頼もしい事でしょう。ですがそこにはその企業やコンサルタントに使用料などを支払う必要があります。その経費を高いと思うか安いと思うか、という事は各美容室の事情によると思います。中にはそういった分析はプロに任せた様が良い、という考えの経営者もいるかもしれません。逆にいくらプロとはいえ自分の店の細かい事情やこれまでの歴史を考えると単純に数字だけで分析するわけにはいかない、と考える経営者もいるかもしれません。ですがそういった経営の仕方が出てきた、という事はとても画期的な事で、お店によっては十分に利用価値があると思われます。どんなシステムを導入しようと、肝心なのは結果を出して次につなげる事が出来るかどうか、という点でしょう。ネット予約に始まったシステムの導入については、まずは経営者が賢くならないといけない、という事もあるかもしれませんね。

特集サロン3選

圧倒的知識で髪の状態を把握し最旬カットであなたの魅力UP☆
門前仲町にある美容院
キャリア豊富なスタイリスト在籍
清澄白河にある美容院
圧倒的支持率のお洒落メンズサロン★
与野本町にある床屋

きめこまやかな情報

インターネットで美容室をさがし、そのまま予約サイトへとアクセスする人が増えてきた、という事は、お客さんはネット上の情報だけで美容室や美容師を決めて予約をしてくる、という流れになります。そうするとそのネット上の情報がいかにお客さんにとって魅力的なものか、という事が集客のカギになってきます。いくら今空いている美容室だからとはいっても、美容室の情報があまりにも少なかったり、古い情報のまま更新されていないような美容室であれば行くのを躊躇してしまうのではないでしょうか。ネットですべてが完結してしまうのであれば、もはやそのネット上の情報で勝負をしなくてはならない、という事になります。美容室情報もきめこまやかな情報が期待されます。お客さんにとっては今予約できるかどうかも大切な情報ですが、どんな美容室かという事もとても大切です。たとえば少し年齢を重ねた人が若い人ばかりの美容室には行きたくない、と思う事は当然でしょう。そんな時にスタッフの年齢層や客層の情報が得られない場合にはこの美容室に自分が行っても良いものかどうか不安になってしまう事でしょう。そして少しでも不安があるとおそらくネット予約はしません。これがもしも電話予約であればその場で電話口のスタッフに聴いてみる事も出来ますし、スタッフが不安を解消してくれる事もありますが、ネットではそうはいきません。

予約管理

ネット予約ができるようになってから、楽になったのはお客さんだけではなく美容室のスタッフたちもずいぶんと楽になったのではないか、推測できます。ひとつはインターネットなのでお客さんはいつでもどこでも予約ができるようになり、美容室側から言えば24時間予約の受付が出来るようになったのですね。そのため電話予約の時には「今日はもう営業時間外だから予約がの電話が出来ない」というような状況が無くなりました。美容室のスタッフが寝ている間でも予約が入ってくるのですね。また予約の管理の形態がちがってきたと考えられます。電話で受け付けてメモを取る、それをみながらカレンダーで管理したりパソコンに入力する、といった二度手間が無くなったと言えるでしょう。予約管理サイトにアクセスすればいつでも予約状況を見る事ができます。それも人の勘違いや言い間違い、入力の間違いなども無くなります。お客さんが入力した通りがデータとして登録されます。これによって美容師の皆さんは施術中に電話を受ける事もかなり減ったと思われますし、間違いによるトラブルも減った事でしょう。ネットは美容室にとってただ情報を提供してクーポンを発券するだけの役割にととまらなくなり、美容師の業務を軽減したと言えるのではないでしょうか。

美容院・美容室の予約はこちら

近鉄奈良駅すぐ!カラーリピート率95%以上!
奈良にある美容院
池袋で話題の トレンドヘア×プチプラ人気サロン☆
池袋にある美容院
再現性にこだわり尽くしたカット
目白にある美容院

家族が寂しい

美容室がゴールデンウィークに空いているかどうか、というのは主にお客さん側の問題になると思うのですが、美容師にとっては仕事かどうか、という問題でそれは美容師の家族にも影響するところです。大型連休ともなると多くのご家庭では家族とどう過ごそうか、という事を考える事でしょう。ですが夫や親が美容師であるがために連休を家族で過ごす事が難しくなる事も良くあることでしょう。割り切って連休はどこにも行かない、何もしない、という事であれば良いかもしれませんが、特に小さいお子さんがいるご家庭では「子供がかわいそう」と思う人も少なくは無いでしょう。たとえば故郷がかなり離れた所にある人であれば、お母さんが子供を連れて里帰りをする、お父さんは美容師だから仕事、という事もあるかもしれませんし、それはそれで楽しいものかもしれません。ですがゴールデンウィークは家族で旅行、というような話を聞くと、子どもは家族が揃わない事や、どこにも旅行に行かない事にがっかりしてしまったり、寂しい思いをしてしまったりするかもしれませんね。そもそも美容師と結婚すると子どもと休みが合わなくて寂しい思いをさせることになる、というのは良く言われる事です。美容室によっては家族のいるスタッフを優先的に休ませたりする事もあるようですけどもね。

前半と後半

ゴールデンウィークの話をする時によく「前半」とか「後半」という言葉を使いますね。4月の末からの休みを「前半」5月に入ってからの連休を「後半」と言いますよね。その間の日も年によっては休日となり大型連休となります。では美容室に行く人、というのは前半に行く人が多いのでしょうか、それとも後半でしょうか。おそらく多くの人はゴールデンウィークに入る前に美容室へ行ってヘアスタイルを整えてから連休を迎える事を望んでいるでしょう。ですが人によっては後半に美容室へ行って、連休明けに備える、という人もいますよね。ゴールデンウィークに散々遊びまくるのできちんとヘアスタイルを整えて連休明けには休みモードをリセットしてから仕事や学校に戻りたい、と思っている人も少なくないでしょう。海外旅行、特に海や山へ行った人であれば紫外線などとかなり浴びていて髪の毛に負担がかかっている可能性もありますから、ヘアスタイルと帰る為、というよりは髪の毛のケアをする目的で美容室へ行くのも良いのではないでしょうか。さすがに連休の最終日ともなると出かける事も控える人が多く、そういった日に美容室の予約を入れてみるのも良いかもしれません。心身ともにリラックスして連休明けに備える事ができるでしょう。

注目サロン情報

自分史上一番素敵を引き出すカラーをご提案♪
北生駒にある美容院
大人のキレイ&可愛い”をトータルプロデュース♪
北生駒でネイル
ラッシュアディクト正規取扱店
北生駒でまつエク

外れた時期に連休を取る

そもそも一般の人たちでもゴールデンウィークなんてどこへ行っても人が多いのでどこにも行く気がしない、という人もいるでしょう。シフト制の勤務スタイルの人たちなどはゴールデンウィーク中は時給があがったりするので好んでそういった時にシフトを入れる人もいる事でしょう。美容師も同じかもしれません。こういう日に働いて逆に別の日に休みをもらって、そこをゴールデンウィーク並みに遊んですごす、という計画を立てる美容師もいる事でしょう。ですがびようしつはそもそも連休が取りにくい、という事が言われています。その店舗にもよるのですが、美容室が長期にお店お占めている事はあまりありません。なかなかそういった休みを取ることを決断する経営者はいないのでしょうね。ですがお店によっては交代でゴールデンウィークの代わりの休みをスタッフに取らせている所もあるようです。そうするとまさにその休みがゴールデンウィークとなります。その時にはゴールデンウィークほどどこも混んではいませんし、ホテルの予約や娯楽施設などでは料金も安くなっている事がほとんどです。確かにゴールデンウィークの雰囲気を味割ることはできないかもしれませんが、やすくゆっくりと休暇を楽しむ、というのであればむしろゴールデンウィークのでなない時の方が良いのではないでしょうか。

美容師のゴールデンウィーク

お客さん側からするとゴールデンウィーク中というのは予約の混雑に関して言えばとても予約の取りやすい穴の日となっていると思います。多くの人はわざわざゴールデンウィークを選んで美容室へ行く事はしないからです。逆に予約が取りやすい事を知っているからわざわざゴールデンウィークを選ぶ人がいるかもしれませんけれどもね。美容師側から言うとゴールデンウィークの出勤と言うのは仕事量としては少なくて落ち着いて仕事をする事が出来るかもしれません。余り忙しくないのでゴールデンウィーク中はスタッフの人数を少なくして営業している所も有ります。多くのスタッフを入れた所で予約が少なければ人件費が無駄にかかるだけですからね。逆にゴールデンウィークなのに出勤してくれるスタッフに対しては多少のメリットがあるようにしている美容室も有るかもしれません。美容師にとっては出勤してしまえば人並みに連休を過ごす事は出来なくなってしまいますが、そんなに忙しくは無い事がわかっているのであれば、こういう時に働くのも悪くは無いかもしれません。いずれにしても美容師である限りは一般的な企業などとは休める日がちがっているのは覚悟の上でしょう。それでも大型連休となると長期の休みで海外旅行などに行く人たちを羨ましく思う事もあるかもしれませんね。

注目のサロン

カラーが得意なサロンです!カラーリピート95%以上!
新石切にある美容院
イルミナカラー×髪質改善トリートメントで憧れのうる艶髪へ♪
東花園にある美容院
広い駐車場完備!あなたのお爪を大切に
東花園でネイル

ネット予約による変化

ネット予約は近年では美容室の予約の1/3程度を占めていると言われてします。かつて美容室と言えばお客さんは各々の行きつけの美容室と言う物が決まっていて、そこの美容室の予約をあらかじめ取ってから来店するのが当たり前でした。数週間前から美容室へ行く日を決めていましたし、その時に担当してもらう美容師の事も決めているものでした。そこは自分の都合も有りますが、空いている時間、担当美容師の空き時間、など美容室側の事情も含まれていました。ですがネット予約が可能になってからは、こういった美容室とお客さんの関係を変えてきていると言えるでしょう。お客さんは自分の行きつけの美容室、という事にとらわれず「自分が行きたいと思った時に行く事が出来る美容室」を探すようになりました。担当美容師にしても初めて行くお店であれば、だれが良いか解らない事もよくあります。それでもホームページのスタッフ紹介や口コミのページ、もしくは美容師個人が公開しているSNS情報などで、自分に合いそうな美容師と探す事が出来るようになっています。つまりお客さんの都合が最優先できるようになったんですね。これまでたんなるお客さんと美容師と言う関係以上の絆があったと思われるような関係性は今は薄れてきていると言っても良いのかもしれません。

インターネットの力

インターネットが普及するようになってから、私達の生活はかなり変わってきたと言えるでしょう。特にスマホを一般的に持つようになってからはいつでもどこでも検索が可能になりましたし、ネットを通じて様々な人や場所とつながることができるようになりました。美容室を探すにしてもこれまでは人に聞いたりチラシを見たり、フリーペーパーを取ったりという方法を取っていたと思うのですが、ネットが普及してからは自分の希望する条件を入力して検索をかける事であっという間に候補の美容室が出てくるようになりました。さらにそれに拍車をかけたのがネット予約でしょう。探した美容室をそのページから次に進んで予約ができるようになったのです。つまり探すところから予約をするところまでスマホひとつで出来るようになったのです。これはお客さんにとってもとても便利な事ですが、美容室側から考えてもかなりの影響があったはずです。元々チラシを作成し、広告を掲載し、DMを送って集客していたものが、サイトの管理だけでお客さんが検索して探し出してくれるようになりました。また電話が鳴るたびに美容師がその電話に応対し、希望の予約日を聞き、カレンダーを確認して受け答えをしていたの事を、お客さんの方がネットの画面で空いている日を探してくれるようになったのです。

ピックアップ !!

カウンセリング重視で、“なりたい”が叶う♪
笹塚にある美容院
髪の艶足りてますか?究極の美髪を創り出すダメージレスサロン♪
大名にある美容院
ホリスティックケアで美髪 ハイライトで大人の外国人風ヘアを叶えます☆
吉田にある美容院

クレンジングは手短に

毛穴に詰まったファンデーションに、重ね付けしたマスカラ、クレンジングの時間はつい長く取ってしまいがちですが、そのやり方ではお肌を傷めています。
クレンジングの目安は30秒です。
それ以上お顔を擦っているのはよくありません。

どうしてクレンジングは手短にするのが良いのか?
その理由はクレンジング剤の高い洗浄力にあります。普通の洗顔フォームとは違い、メイクの油分を分解する働きもあるので、どうしても刺激が強くなってしまうのです。

クレンジングを辞めたらお肌が綺麗になった。
石鹸でオフできる化粧品に変えたら肌荒れが沈静化した。
という声もある位なので、いかにクレンジングがお肌に負担をかけているのかが伺えます。

クレンジングのし過ぎは、お肌の潤いの元であるセラミドを破壊してしまいます。そうなってしまうと、化粧水などでどんなに補充してもお肌が潤わなくなってしまい、乾燥を招いてしまいます。メイクの汚れをクレンジング時だけで完全に落とすのではなく、洗顔や水で浮かせて流すと言う風に捉えましょう。武蔵浦和の美容院は新卒の求人また、メイクの程度によってもクレンジング剤をチョイスする必要があります。ファンデーションやパウダー、コンシーラーを重ね付けしている方はより洗浄力の高いオイルタイプが良いですし、あまりメイクをしない方はジェルやクリームで十分です。必要以上に強い洗浄力のクレンジング剤はお肌に毒なので、いろんなタイプのクレンジングの中から、自分に合うものを選ぶのが美肌への近道です。

最近ではカラコンと言っても、ナチュラルにデカ目になれるものが主流なので、変に目元だけ浮くことがありません。
ちょっと前まではギャルが付けるものというイメージがあったカラコンですが、いまでは清楚系を演出するための必須アイテムになっています。
そんなカラコンのメリットとは何でしょうか。

大きな目になりたいけど、ケバくなって不自然な印象になるのは嫌。
そう考えている方は、是非カラコンをおすすめします。
その理由は、メイクではカバーしきれない目のキツイ印象やぼやけた印象をナチュラルだけどクリッとした瞳に変えてくれるからです。

まるで生まれつき目が大きい人の様になれるので、アイラインやまつ毛メイクはほんの少し手を加えればOKです。
もし、カラコン無しで目を大きく見せようとすれば、付けまつげや太いがっつりアイラインが必要となり、どうしてもナチュラルとは程遠くなってしまいます。

最近はやりの抜け感や透明感を演出させるにはナチュラルメイクが基本です。
少し色味の薄いブラウンのカラコンをチョイスすれば簡単に色素が薄い人になれますし、目元も強調されます。

一口にカラコンと言っても、数え切れないメーカからいろんな種類や色味のものが販売されています。
もちろん着色面積も大小様々なので、カラコンとばれないものから、目力アップできるものまであります。

その日のメイクに合わせてカラコンを変えるもの楽しいですし、お洋服やヘアスタイルに合わせてもOKです。
カラコンを付けるとナチュラルメイクでも自信が持てるというのが最大のメリットではないでしょうか。

タグ: , ,

美容師の外見

美容師、と聞くとみなさんはどんなイメージを持つでしょうか。仕事がきついといったイメージもあるかもしれませんが、やはりその外見は「憧れの的」となるような美しさやカッコよさが際立っている存在だと思うんですね。これだけ仕事がきつい、という事がいわれていても憧れの職業では上位にランクインしますし、実際に美容専門学校に通う若者たちは大勢います。それだけではなく美容室に行く目的として「あの美容師さんに逢いたい」といったような、美容師に逢う事を目的にしている人も少なくありません。それだけ美容師と言う存在はお客さんや一般世間から「素敵な人」と思われている存在なんですよね。とくに外見に関して言えばヘアスタイルはもちろん、ファッションやメイク、ネイルに関してもどれをとっても素敵だ、というイメージがありますよね。それは美容師をやっていれば自然とそうなってくる、というわけではありません。おそらく美容師は美容師なりにそうやって憧れられる存在であるために努力をしているのだと思われます。もちろん24時間そんな素敵な外見でいる事は不可能ですが、少なくとも仕事をしている時間は、人々から憧れの気持ちを抱いてもらえるような外見を目指す事を常に気にしていると思われます。たとえば皆さんは、太っている人に対して憧れのイメージを抱く事はあるでしょうか?その人の性格などは別として、ただ用紙だけを考えた時に太っている事に憧れる人はあまりいあないのではないでしょうか。どうしても太っている、というイメージには「良く食べる」「健康管理が出来ていない」「節制する気持ちが足りない」といったマイナスのイメージが付いてしまいます。だれもがあこがれるスタイルと言うのはやはり細身のスタイルの方ですよね。実際に美容師の皆さんの中にはそんなに太っている人と言うのは少ないような気がします。やはり美容師の皆さんも必要以上に太らない様に、むしろ皆さんが憧れるようなスタイルになれるように努力をしているのかもしれません。たとえばこれまでカッコいい、と思って指名していた男性美容師が、ブクブクと太っていくさまと言うのは見たくはありませんし、もしその様な事になったらちょっと指名するのを考えようかな、という気持ちになってしまうのではないでしょうか。体形がその美容師の技術とは関係ないものであることは解っていても、やはり美容師と言う存在である限りは、人々が手に入れる事がちょっとむずかしい、と感じるような憧れの存在であってほしい、と願うのは私達の我儘なのでしょうか。篠崎 スタイリスト 求人 美容院

タグ: , ,

再来店の決め手を聞く

お客さんとのコミュニケーションを大切にする美容師であれば、一度の来店時の会話で満足する事はしないでしょう。もしもそのお客さんが一度目の来店でその美容室を気に入ってくれて、再来店してくれたとします。そうするとそれで「前回の来店で満足してもらえたのだな」という事だけで美容師側も満足してしまうかもしれませんが、さらに「どんな所が気にってくれたのだろうか」と考える美容師ならば今後もさらに活躍する事が出来ると思われます。つまり再来店してくれた理由がどこにあったのか、という事を知ることで「どこがよくて、何が足りなかったのか」という事を知るきっかけとなります。もしかしたらそれは仕上がりにこだわったお客さんが、ただ思い通りのヘアスタイルになったから再来店してくれたのかもしれません。その反面なにか反省すべき点もあるかもしれません。たとえば施術中にそんなに話しかけてほしくは無かったのに、かなり話しかけられて少し辛かった、というような事もあるかもしれません。どういった点が良くて再来店してくれて、どういった点には不満を感じたか、という事をきちんと把握して反省する事で、美容師自身のスキルアップにもつながりますし、ふたたび再来店してもらうことにもつながると思われます。美容師の方ではお客さんと出来るだけコミュニケーションを取ろう、としてもお客さんの方がそれを望んでいない、というケースは良くあることです。皆が皆美容師と会話をしたいと思っている訳ではないんですね。自分の希望通りのヘアスタイルを作ってもらえたら、それ以上の事は望んでいない、という人も多いものです。むしろ美容師が話しかけてくるのが鬱陶しい、と感じているお客さんも多いのです。そこで美容師に求められるのは、そのお客さんは美容室でどのように過ごそうと考えているか、という事を知ることなんですね。自分が話しかけている時のお客さんの表情、パーマやカラーの放置時間にどのように過ごしているか、などを観察する事でそのお客さんが美容室に居る間どのように過ごす事を心地よいと感じているかがわかることでしょう。たとえば自ら美容師に色々と質問してくるようなお客さんなら、美容師との会話を楽しもうとしているお客さんでしょう。逆に何を聞いても短い答えしか返ってこないようなお客さんであれば、話しかけられることを望んではいないのかもしれません。ですがそんなお客さんでもカウンセリングを蔑にするわけにはいきません。必要以上の問いかけは不要ですが、確認事項はきちんとしなくてはいけませんね。就職 独立 求人 町田

タグ: , ,

ヘアカラーの施術時間

ヘアカラーをしよう、と思うととても時間がかかるイメージがありますよね。確かに作業をしている時間と言うのはとても長いですし、薬剤を浸透させるための放置時間もどうしても一定時間かかりますから、カラーをするのには時間がかかる、という認識は持っておいた方が良いでしょう。基本的にはそのお客さんの髪質、要望内容によって施術時間は変わってきます。平均的に言うとカットも込で一時間半から二時間と言った所でしょうか。これは一回薬剤を塗るだけで済む場合と考えた方が良いでしょう。この一時間半からに時間を言うのはどちらかというと早く仕上がったケースで、この時間内に仕上がる条件としては、まずは一度の薬剤塗布で済む事、お客さんの髪質にカラーリングをするうえでトラブルが無い事がすぐに確認できる事、お客さんの髪質が平均的な時間で薬剤が浸透する髪質である事、などが挙げられます。また一番差が出るのがカウンセリングの時間かもしれません。お客さんの方が一から漠然と「カラーリングをしたい」と言っているだけの場合には、美容師の説明も長くなりますし、お客さんの意思決定も遅くなるケースが多い様です。こんな髪色になりたい、これまではどんな事をしてきた、自分の髪の悩みはこんなことだ、といった事をお客さんが自分自身でスムーズに語れる場合は、カウンセリング時間が大幅に短縮できるようです。だいたいこれぐらいで済むだろう、と思っていたカラーリングの施術時間が大幅に長くずれ込んでしまった、という経験をした事がある人も多いのではないでしょうか。実際にヘアカラーをする時には美容師でも想定外な事が起こることが多いようです。それは主にお客さんとのカウンセリングでの認識の違いや、お客さんの髪質、一度の薬剤塗布では済まないオーダーだった、といったケースです。当然ですがロングヘアーであれば、それだけ作業時間が多くなりますから仕上がる時間も遅くなります。たとえばお客さんが自分がカラーリングをする事に対して具体的なイメージをもたないまま来店して来た場合、まずはカウンセリングに時間がかかります。そのうえお客さんの髪質が薬剤が浸透しにくい髪質であったり、髪の毛の量が多い、といった時にはさらに長く時間がかかってしまいます。色々な条件が重なってしまうと平均的にかかる時間よりもかなり長くなってしまう事も考えられます。ヘアカラーをお願いする時、特に初めてやってみる時や初めての美容室での施術の場合には、美容室以外の予定は入れない、ぐらいの気持ちの様が良いかもしれませんね。あまりに時間がかかった時には何故時間がかかったのか、という事も説明してもらっておくとその後のカラーリングの時に役に立つでしょう。

タグ: , ,

聞きなれれない専門用語

お客さんにはあまり関係ないかもしれませんが、美容師が専門的に使っているヘアカラーに関する用語も有ります。たとえばハイライトやローライトのコントロールをする時にアルミホイルを使う事が多いのですが、そうやって染めたいところ以外をアルミホイルで包んでおくことを「ホイルワーク」と呼んでいます。他にも頭皮に薬剤が付かない様に根元のギリギリのところまでで薬剤の塗布を止めておくことを「ゼロテク」という様です。これはとても難しい技術とされていて「ゼロテク」が出来る、という美容師はカラーリングの技術が高い美容師だ、と言えるでしょう。また良く聞く用語の中に「ホームカラー」というのがあると思いますが、これは美容室でカラーリングをする事に対して、自宅でお客さんが自分で髪を染める事を「ホームカラー」と呼んでいるんですね。つまり美容室以外の所で美容師以外の人が行うカラーリングを少々してホームカラーと呼んでいます。名前からして何かの色合いの説明か、と勘違いする人もいるかもしれませんが。そういう意味ではありませんね。カウンセリング時などに自分の知らない言葉を使われると不安になります。ですがなかなか「それは何ですか?」と聞くのも勇気がいるものです。少し予習をしておくとカウンセリングの時の不安が解消されるかもしれません。美容師によっては当然のようにヘアカラーに関する専門用語を使う人もいます。お客さんにとっては「それは何?」と思ってしまう事もあるでしょう。美容室でよくつかわれるヘアカラーに関する専門用語としてよく使われる言葉をあらかじめ知っておくとカウンセリングでも役に立つでしょう。たとえば「リタッチ」という言葉があります。これは一度ヘアカラーをしてもどうしても髪の毛が伸びてきますから、伸びてきた部分だけが地毛の色になってしまっていわゆる「プリン」の状態になります。その時に全体を染め直すのは時間もお金も負担が大きいので、伸びてきた根もとだけにカラーを施す事を「リタッチ」と呼んでいます。またカウンセリングなどで色合いを検討しているときに「ハイライト」「ローライト」という言葉が使われると思います。これは基本となる色に対して明るさや色味のちがうカラー剤を入れてさらに色を作ることがあります。その際に基本よりも明るくする事を「ハイライト」暗くすることを「ローライト」と呼びます。このハイライトとローライトを上手く使う事でヘアカラーの楽しみ方がぐんと広がる、と言われています。美容師さんとのカウンセリングの際に、どんなスタイリングにしたいか、などの希望を伝えてコントロールしてもらうとよいでしょう。就職 独立 求人 表参道

タグ: , ,
Top