どんな女性にどんな雑誌を渡すかの見極め

実際に女性客の皆さんが、スタッフから手渡される雑誌で不快な思いをする事がある、という現実がある限り、美容室の方でも対策を立てなくてはいけません。実際にそういう事でお客さんに不快な思いをさせない様に、と対策を立てている美容室も有るようです。つまりどのような女性にどのような雑誌を渡すと喜ばれるのかを見分けるポイントを掴んでいるのです。そしてそれをスタッフに徹底して、お客さんが喜ぶような雑誌のチョイスをするように心がけている様なんですね。その基準となるのはやはりその女性の年齢のようですね。結婚しているかどうか、も一つの基準になりますから指輪の有無とか、最初にカルテを見て情報を得ておく、という事が必要になるかもしれませんね。年齢の想像はついても、既婚か未婚か、という事になると微妙な外見の女性も多くいます。ですが大抵の女性は「若く見られることに対しては文句を言わない」と言う傾向があります。既婚者に見られるよりも、独身者に見られる方が「若い」と思ってもらった、という事につながるからでしょう。ですがそれにも幅があって、あきらかに30代だろう、という女性に良かれと思って独身向けの雑誌を渡すと、「結婚が遅い事に対する嫌皆の?」という感じを受ける女性もいるかもしれません。アシスタントが仕事ができるかどうか、という事は以外にもその美容室の評価にも大きく影響してきます。みなさんが美容室に行った時のことを思い出してみると解ると思うのですが、美容室に入ってまず受付をしてカウンセリングをして、そこまでは自分の指名した担当者との関わりですから問題ないと思うのですが、施術のまず第一歩であるシャンプーは大抵の美容室ではアシスタントが担当します。つまりまず自分の髪を触って何か施す最初の人はアシスタントである場合が多いんですね。ここでシャンプー中に何かやらかしてしまう、接客態度が悪い、というような事が起こると、お客さんとしたらせっかくカウンセリングを済ませたこれから自分がどの様に変身できるのか、と楽しみにしているのに、出鼻をくじかれるような気分になってしまうでしょう。その事で一度気分を害したお客さんに対してそのフォローをするスタイリストも大変です。スタイリストにしてみれば「あのアシスタントのせいで…」という感情が沸いてきてしまっても仕方がありません。そしてそのギスギスした雰囲気は美容室全体に影響するのは間違いありません。お客さんですら時々「この美容室、スタイリストがアシスタントに対して冷たい態度を取るんだな。人間関係が良くないのかな」という不安を感じる事がありますよね。小岩 美容院

カテゴリー: 美容