遠方の美容室

美容室の情報をSNSを通じて得る事が出来る様になると、美容室のお客さんにも変化が表れてきたようです。それはわざわざ遠方から訪れるお客さんが増えた、という事のようです。特に都心の人気美容室では、県外からわざわざ訪れるお客さんも多いようです。驚くべきことに、そんなお客さんの中には男子高校生のグループもいるようなんですね。たとえば都心の人気美容店に埼玉からわざわざ訪れる、といった具合です。SNS上で得た情報で「あの人気店でこんな風にカッコよくなれた」という情報があると、休日を利用して友人たちとその美容室に訪れてみる様なんですね。美容室の方でもそういうお客さんは大歓迎ですよね。さすがに学生ですからメニューの単価は高いものではないかもしれませんが、彼らの情報発信力というものは物凄いものがありますから、美容室側としても彼らを学生だから、と侮る訳にはいかない時代なんですね。たとえば部活に所属している学生ならば、後輩たちにもその情報を拡散するでしょうし、自分のSNSを通じてまた全国的規模でその情報を発信する事が可能です。そうすると年齢や立場を問わない人にもその情報は伝わります。良い情報も勿論ですが、悪い情報も同様にあっという間に拡散される時代です。学生たちを子どもだ、と思っていると痛い目に合うのは美容室の方かもしれません。経営者が心から「うちの美容師には、将来的には独立する事を目標としてほしい」と言うスタンスで教育をして行った場合、本当に独立をするスタッフが出てくるはずです。そこまでのレベルの美容師が育ってくれる事は喜ばしい事ですが、現実問題としてその美容師が独立していけば、優秀な美容師を1人失う事になります。その事は覚悟しておくべきことですし、そうなった時にも美容室全体のレベルを落とさないための対策はきちんとしておかなくてはいけませんよね。そのために必要なのは、スタッフのレベルの底上げだといえるでしょう。一人の美容師が独立した時には、二番手の美容師が必ずやその美容師の代わりに活躍してくれるぐらいに成長しておかなくてはいけません。ですから成績の良い美容師に目をかけるばかりではなく、各々の美容師がチャンスがあればどんどん上のポジションに着くことが可能になるように、先を見込んだ教育をして行かなくてはいけない、という事ですよね。そのように経営者が目を配っている事は、そこで働くアシスタントや見習いの美容師たちにとっても、自分たちもレベルアップするチャンスがある、という事を日々実感できることになります。けっして夢物語ではなく、そういう日が来るのだ、と思える事は、日々の働き方にも影響してくる事だと思われます。八王子 美容室

カテゴリー: 美容