再来店の決め手を聞く

お客さんとのコミュニケーションを大切にする美容師であれば、一度の来店時の会話で満足する事はしないでしょう。もしもそのお客さんが一度目の来店でその美容室を気に入ってくれて、再来店してくれたとします。そうするとそれで「前回の来店で満足してもらえたのだな」という事だけで美容師側も満足してしまうかもしれませんが、さらに「どんな所が気にってくれたのだろうか」と考える美容師ならば今後もさらに活躍する事が出来ると思われます。つまり再来店してくれた理由がどこにあったのか、という事を知ることで「どこがよくて、何が足りなかったのか」という事を知るきっかけとなります。もしかしたらそれは仕上がりにこだわったお客さんが、ただ思い通りのヘアスタイルになったから再来店してくれたのかもしれません。その反面なにか反省すべき点もあるかもしれません。たとえば施術中にそんなに話しかけてほしくは無かったのに、かなり話しかけられて少し辛かった、というような事もあるかもしれません。どういった点が良くて再来店してくれて、どういった点には不満を感じたか、という事をきちんと把握して反省する事で、美容師自身のスキルアップにもつながりますし、ふたたび再来店してもらうことにもつながると思われます。美容師の方ではお客さんと出来るだけコミュニケーションを取ろう、としてもお客さんの方がそれを望んでいない、というケースは良くあることです。皆が皆美容師と会話をしたいと思っている訳ではないんですね。自分の希望通りのヘアスタイルを作ってもらえたら、それ以上の事は望んでいない、という人も多いものです。むしろ美容師が話しかけてくるのが鬱陶しい、と感じているお客さんも多いのです。そこで美容師に求められるのは、そのお客さんは美容室でどのように過ごそうと考えているか、という事を知ることなんですね。自分が話しかけている時のお客さんの表情、パーマやカラーの放置時間にどのように過ごしているか、などを観察する事でそのお客さんが美容室に居る間どのように過ごす事を心地よいと感じているかがわかることでしょう。たとえば自ら美容師に色々と質問してくるようなお客さんなら、美容師との会話を楽しもうとしているお客さんでしょう。逆に何を聞いても短い答えしか返ってこないようなお客さんであれば、話しかけられることを望んではいないのかもしれません。ですがそんなお客さんでもカウンセリングを蔑にするわけにはいきません。必要以上の問いかけは不要ですが、確認事項はきちんとしなくてはいけませんね。就職 独立 求人 町田

タグ: , ,