外れた時期に連休を取る

そもそも一般の人たちでもゴールデンウィークなんてどこへ行っても人が多いのでどこにも行く気がしない、という人もいるでしょう。シフト制の勤務スタイルの人たちなどはゴールデンウィーク中は時給があがったりするので好んでそういった時にシフトを入れる人もいる事でしょう。美容師も同じかもしれません。こういう日に働いて逆に別の日に休みをもらって、そこをゴールデンウィーク並みに遊んですごす、という計画を立てる美容師もいる事でしょう。ですがびようしつはそもそも連休が取りにくい、という事が言われています。その店舗にもよるのですが、美容室が長期にお店お占めている事はあまりありません。なかなかそういった休みを取ることを決断する経営者はいないのでしょうね。ですがお店によっては交代でゴールデンウィークの代わりの休みをスタッフに取らせている所もあるようです。そうするとまさにその休みがゴールデンウィークとなります。その時にはゴールデンウィークほどどこも混んではいませんし、ホテルの予約や娯楽施設などでは料金も安くなっている事がほとんどです。確かにゴールデンウィークの雰囲気を味割ることはできないかもしれませんが、やすくゆっくりと休暇を楽しむ、というのであればむしろゴールデンウィークのでなない時の方が良いのではないでしょうか。

美容師のゴールデンウィーク

お客さん側からするとゴールデンウィーク中というのは予約の混雑に関して言えばとても予約の取りやすい穴の日となっていると思います。多くの人はわざわざゴールデンウィークを選んで美容室へ行く事はしないからです。逆に予約が取りやすい事を知っているからわざわざゴールデンウィークを選ぶ人がいるかもしれませんけれどもね。美容師側から言うとゴールデンウィークの出勤と言うのは仕事量としては少なくて落ち着いて仕事をする事が出来るかもしれません。余り忙しくないのでゴールデンウィーク中はスタッフの人数を少なくして営業している所も有ります。多くのスタッフを入れた所で予約が少なければ人件費が無駄にかかるだけですからね。逆にゴールデンウィークなのに出勤してくれるスタッフに対しては多少のメリットがあるようにしている美容室も有るかもしれません。美容師にとっては出勤してしまえば人並みに連休を過ごす事は出来なくなってしまいますが、そんなに忙しくは無い事がわかっているのであれば、こういう時に働くのも悪くは無いかもしれません。いずれにしても美容師である限りは一般的な企業などとは休める日がちがっているのは覚悟の上でしょう。それでも大型連休となると長期の休みで海外旅行などに行く人たちを羨ましく思う事もあるかもしれませんね。

注目のサロン

カラーが得意なサロンです!カラーリピート95%以上!
新石切にある美容院
イルミナカラー×髪質改善トリートメントで憧れのうる艶髪へ♪
東花園にある美容院
広い駐車場完備!あなたのお爪を大切に
東花園でネイル