お客さんとの信頼関係

どんなクレームに対しても美容師は相手がお客さんである以上誠実に対応しなくてはならないでしょう。ですが明らかにそれは美容師にとって理不尽なクレームである、と思われる事もあります。そういったお客さんに対してはある程度は毅然と対応する事も必要でしょう。たとえば予約の時点でそのお客さんに関してはお断りする、といった具合です。クレームの内容やお客さんの名前をスタッフ全員で共有する事もクレームを減らしたりお店全体で対応する事ができるので必要となるでしょう。そして何よりもできるだけクレームを減らすための努力をスタッフが全員で取り組まなくてはならないでしょう。そこに必要になるのはやはりお客さんとの信頼関係である、と思いますね。普段の人間関係でもそうですが、信頼している人に対しては多少の不満があっても、その人に悪気があった訳ではない、という事が判断できる事もあり、文句を言うのを飲み込む事が出来る事も多々あります。美容師に対しても同じでしょう。ちょっと違うかな、と思ってもすぐにそれは「良かれと思ってやってくれたのかな」という発想に切り替える事ができればクレームには至らないでしょう。美容師も同じでしょう。そのお客さんとのコミュニケーションをしっかりととる努力をする事で意思疎通が上手く測れるようになりクレームも減らすことが出来るでしょう。

商品販売

お客さんが美容室に対する不満を言う中で「美容師が商品をしつこく売りつけようとする」という事が良く言われますよね。この商品の販売に関するクレームはとても美容師を悩ませるものとなっている様です。美容室に色々な美容用品が置いてある場合には当然ですがその販売の売り上げも重要なお店の収益となります。経営者としてはそういった収益も見逃せません。お店によっては美容師にノルマを課すこともあるようです。そうするとどうしても美容師はお客さんのカットをする事だけに集中するのではなく、その販売の事も考えなくてはならなくなります。お客さんに商品の説明をして買ってもらうように努力する事は本来は美容師の仕事ではない、ともいえるでしょう。そもそも販売は苦手だ、という美容師も多いはずです。ですがそうせざるを得ない状況になってしまうと、それはお客さんにとっては「しつこい営業」と感じてしまう事でしょう。美容師の腕も良いし仕上がりも悪くない、でもやたらと商品を勧めてくるのは苦痛だ、と思ってしまうお客さんも多い事でしょう。そのことに文句を言って来るお客さんはまれかもしれませんが、それが原因でお店から足が遠のいてしまうお客さんもいるかもしれません。美容師はお客さんとお店の板挟みとなり、辛い思いをする事があるようですね。

注目のサロン

自由が丘の新感覚美容室へお越しください
自由が丘にある美容院
お客様の疑問や不安を「伝える」ことで解消
新宿にある美容院
納得頂けなければ『完全返金』させて頂きます
柏にある美容院

タグ: , ,