上から目線の言葉遣い

美容室に来るお客さんの中で美容師とのトークが嫌だ、と思う理由の一つとして「美容師の話す口調が上から目線」「常にバカにされているように感じる」という事があると思います。これもお客さんのちょっとした被害妄想かもしれませんが、確かにそう感じさせてしまう話し方の美容師もいるかもしれませんね。初めて担当した時からそう感じさせるような美容師は、確かに日頃から少しお客さんを上から目線で見ているのかもしれません。特にイケメンの男性美容師だったりすると、常に指名を多く受けているとだんだんとそういった感じになってくる人も少なくないでしょう。「自分がキレイにしてあげる」という感じで話されると、気分を害する女性のお客さんもいるかもしれません。またこれまで長く担当してくれている美容師に対してそう感じる場合には、長く担当しているうちにだんだんと互いに慣れが生じてしまって、本来なら丁寧語で話していたはずが、砕けた口調になってしまったり、お客さんの方も最初は自分に対して色々とアドバイスをしてくれているのだ、と感じていたことが、「そこまで言わなくても」という余計なおせっかいに感じてしまったりするようになったのかもしれません。美容師としてはいつまでも良好な関係を保ちたいならば、そういった慣れには気を付けたいものですよね。

話を聞きたい

美容師とお客さんが会話をするうえで「話を聞きたい人」なのか「話をしたい人」なのか、という見極めが美容師にとっては大切だと思うんですね。もともとおしゃべりをするのが好きな美容師である場合には良かれと思って一方的にしゃべり過ぎてしまう美容師もいるようですが、それではお客さんにとってただの鬱陶しい会話、となってしまうかもしれません。お客さんによっては聞き役に徹してお客さんに存分にしゃべってもらうスタンスも必要でしょう。一方で美容師が話す事を楽しそうに聞いてくれたり、美容師に対してあれこれと質問してくるお客さんもいます。おそらくその美容師に対して「この人と話をするのは楽しい」と思っている事でしょう。そういったお客さんとの会話は美容師も楽しい事でしょう。どんな話をすれば喜んでくれるのか、という事をリサーチする事も必要でしょう。そのお客さんの興味のありそうなこと、前回はどんな話題で話をしたのか、という事を常にチェックしておくとそのお客さんは次回の来店も楽しみにしてくれるに違いありません。たとえば話題の映画の話になったことがあるのであれば、次回の来店時には忘れずに「あの映画観ましたか?」という話をすればきっと話が盛り上がるに違いありません。そういった「前回の事を覚えていてくれた」というのはお客さんにとってはとても嬉しい事でしょう。

TOPICS

幅広い年齢層のお客様の信頼が人気の証!
能見台にある美容院
店内は白とブラウンを基調とした温かい雰囲気
調布にある美容院
「安いから可愛くなれない…」なんて事はない!
蒲田にある美容院

タグ: , ,