転職回数

美容師の中にはなかなか自分なりの条件を満たす美容室に出会う事が出来ずに転職を繰り返す美容師もいます。一つの美容室で働くことに長続きしないので、そういう職歴を見たら、当然面接官からなぜこんなに転職を繰り返しているのか、という事を問われることになります。いまでは一般企業においても転職をする事は珍しくはない事ですが、まだまだ職と転々とする事は印象が良いものではないようです。ですから何件もの美容室で働いた経験のある美容師に対しては、なぜそんなにすぐに辞めるのか、という理由をきちんと知っておきたいと思うのは当然でしょう。それだけ転職を繰り返している、という事は今回もせっかく雇っても長続きしない可能性も大きい、と考えるのが普通でしょう。ですから採用されたいならば、その理由を面接官にとって印象の良いものにする必要があるでしょう。「それなら転職を繰り返しても仕方がないか」と相手を納得させるような理由を考えなくてはいけません。多くの場合ただ不満があって結果的に転職を繰り返しているだけ、という美容師が殆どだと思いますが、たとえばそれぞれのお店に一つの技術に長けている人がいて、一つ一つ勉強したかったから、というような前向きな理由が望ましいですね。だからといってあまりにも本心とかけ離れた嘘は見抜かれてしまう可能性もあります。転職のために採用試験を受ける時には面接で必ずと言っていいほど、前の美容室を辞めた理由を聞かれるものです。面接官としてはその人がどんなことに不満を感じて退職に至ったのか、という事には興味があるはずです。同じ状況が今度の美容室で発生すれば、その人はまた辞めてしまうかもしれないからです。美容室にとって美容師一人が辞めてしまうのは、かなり売上に影響するものと思われます。特にお店をかえようと考える人であれば、なにか不満があるたびにお店を変える事も抵抗なくお店の方が困ってしまう事も考えられます。ですから辞めない美容師が入ってくれる方が望ましい訳ですね。ですから必ず退職理由は聞かれると思うのですが、そこであまりに自分の都合ばかり主張するのは印象が良くないでしょう。一番良いのは、たとえ何らかの不満があったからだとしても、「ステップアップのために別の美容室でも働いてみたいと思った」という理由辺りがいちばんよいかもしれません。もっともその理由をみんなが使えばそれが本当の理由かどうかも怪しく感じるかもしれませんけどね。ただ「あれが嫌だった」「これが耐えられなかった」と否定的な事ばかり理由として述べるのはただ我儘である、という印象になりかねないので注意したいところです。採用 アルバイト 求人 柏 美容室

タグ: , ,

どんな女性にどんな雑誌を渡すかの見極め

実際に女性客の皆さんが、スタッフから手渡される雑誌で不快な思いをする事がある、という現実がある限り、美容室の方でも対策を立てなくてはいけません。実際にそういう事でお客さんに不快な思いをさせない様に、と対策を立てている美容室も有るようです。つまりどのような女性にどのような雑誌を渡すと喜ばれるのかを見分けるポイントを掴んでいるのです。そしてそれをスタッフに徹底して、お客さんが喜ぶような雑誌のチョイスをするように心がけている様なんですね。その基準となるのはやはりその女性の年齢のようですね。結婚しているかどうか、も一つの基準になりますから指輪の有無とか、最初にカルテを見て情報を得ておく、という事が必要になるかもしれませんね。年齢の想像はついても、既婚か未婚か、という事になると微妙な外見の女性も多くいます。ですが大抵の女性は「若く見られることに対しては文句を言わない」と言う傾向があります。既婚者に見られるよりも、独身者に見られる方が「若い」と思ってもらった、という事につながるからでしょう。ですがそれにも幅があって、あきらかに30代だろう、という女性に良かれと思って独身向けの雑誌を渡すと、「結婚が遅い事に対する嫌皆の?」という感じを受ける女性もいるかもしれません。アシスタントが仕事ができるかどうか、という事は以外にもその美容室の評価にも大きく影響してきます。みなさんが美容室に行った時のことを思い出してみると解ると思うのですが、美容室に入ってまず受付をしてカウンセリングをして、そこまでは自分の指名した担当者との関わりですから問題ないと思うのですが、施術のまず第一歩であるシャンプーは大抵の美容室ではアシスタントが担当します。つまりまず自分の髪を触って何か施す最初の人はアシスタントである場合が多いんですね。ここでシャンプー中に何かやらかしてしまう、接客態度が悪い、というような事が起こると、お客さんとしたらせっかくカウンセリングを済ませたこれから自分がどの様に変身できるのか、と楽しみにしているのに、出鼻をくじかれるような気分になってしまうでしょう。その事で一度気分を害したお客さんに対してそのフォローをするスタイリストも大変です。スタイリストにしてみれば「あのアシスタントのせいで…」という感情が沸いてきてしまっても仕方がありません。そしてそのギスギスした雰囲気は美容室全体に影響するのは間違いありません。お客さんですら時々「この美容室、スタイリストがアシスタントに対して冷たい態度を取るんだな。人間関係が良くないのかな」という不安を感じる事がありますよね。小岩 美容院

タグ: , ,

遠方の美容室

美容室の情報をSNSを通じて得る事が出来る様になると、美容室のお客さんにも変化が表れてきたようです。それはわざわざ遠方から訪れるお客さんが増えた、という事のようです。特に都心の人気美容室では、県外からわざわざ訪れるお客さんも多いようです。驚くべきことに、そんなお客さんの中には男子高校生のグループもいるようなんですね。たとえば都心の人気美容店に埼玉からわざわざ訪れる、といった具合です。SNS上で得た情報で「あの人気店でこんな風にカッコよくなれた」という情報があると、休日を利用して友人たちとその美容室に訪れてみる様なんですね。美容室の方でもそういうお客さんは大歓迎ですよね。さすがに学生ですからメニューの単価は高いものではないかもしれませんが、彼らの情報発信力というものは物凄いものがありますから、美容室側としても彼らを学生だから、と侮る訳にはいかない時代なんですね。たとえば部活に所属している学生ならば、後輩たちにもその情報を拡散するでしょうし、自分のSNSを通じてまた全国的規模でその情報を発信する事が可能です。そうすると年齢や立場を問わない人にもその情報は伝わります。良い情報も勿論ですが、悪い情報も同様にあっという間に拡散される時代です。学生たちを子どもだ、と思っていると痛い目に合うのは美容室の方かもしれません。経営者が心から「うちの美容師には、将来的には独立する事を目標としてほしい」と言うスタンスで教育をして行った場合、本当に独立をするスタッフが出てくるはずです。そこまでのレベルの美容師が育ってくれる事は喜ばしい事ですが、現実問題としてその美容師が独立していけば、優秀な美容師を1人失う事になります。その事は覚悟しておくべきことですし、そうなった時にも美容室全体のレベルを落とさないための対策はきちんとしておかなくてはいけませんよね。そのために必要なのは、スタッフのレベルの底上げだといえるでしょう。一人の美容師が独立した時には、二番手の美容師が必ずやその美容師の代わりに活躍してくれるぐらいに成長しておかなくてはいけません。ですから成績の良い美容師に目をかけるばかりではなく、各々の美容師がチャンスがあればどんどん上のポジションに着くことが可能になるように、先を見込んだ教育をして行かなくてはいけない、という事ですよね。そのように経営者が目を配っている事は、そこで働くアシスタントや見習いの美容師たちにとっても、自分たちもレベルアップするチャンスがある、という事を日々実感できることになります。けっして夢物語ではなく、そういう日が来るのだ、と思える事は、日々の働き方にも影響してくる事だと思われます。八王子 美容室

タグ: , ,

オシャレを追及する休日

イマドキの男子高校生たちは、ひとつのイベント様におしゃれについて考える時間を過ごす様です。友人たちと人グループになってファミレスに集まり、ファッション雑誌やスマホなどを片手に、自分にはどんなスタイルが似合うか、どんなファッションが似合うか、などを語り合い、時にはふざけてわざと奇抜なスタイルを友人に提案したりして笑いあったりするようです。そしてその情報をもとに、次の休日にはあの店に買い物に行こう、とか今度なあの美容室に行ってみよう、予約を入れておこう、等と言う話で盛り上がる事もある様で、グループで集まっては、オシャレを追求する時間を過ごす男子も少なくないようです。話だけ聞いているとまるで女子の集まりではないか、とも思える感じですが、逆に女子よりも男子の方がさっぱりしている分、互いに似合うヘアスタイルなどを提案する時には、盛り上がるかもしれませんね。女子同士だとどうしても本人がしてみたい、と言っているスタイルに対して「それは似合わないよ」というはっきりとした意見を言うことなく、逆に「いいね~」「それにすれば」と気を使って同調する事の方が多いかもしれません。ですがどちらかと言えば本音トークが出来る男子たちは、より的確なアドバイスがお互い出来るかもしれませんし、思い切った挑戦が出来るのも男子の方かもしれません。では、どうしてそんなにアシスタンとは成長出来ないものなのでしょうか。もちろんすべてのアシスタントが成長が遅い訳ではないでしょう。中には同期の中でも驚くほどの成長ぶりを見せるアシスタントもいる事でしょう。ですが実際には多くのアシスタントたちがお客様の前に出ることなく退職していくと言われています。それは美容室業界にとってはただ「アシスタントとはそんなもの」という考え方で済ませられる問題ではないような気がします。これだけのアシスタントが辞めていく中で「それが当たり前」という考え方が美容室業界の常識になってしまっているのかもしれません。つまり美容師デビューまでたどり着けるアシスタントが凄いのであって、アシスタントの大半が辞めて当然、という雰囲気が美容室業界にはあるのだと思います。そしてそれは美容室を目指す人たちの中でも当たり前となっている現状なんですね。ですがこの状況と言うのは決して望ましい状況ではありません。どうしてこのような状況が蔓延しているのか、と逆の方向から見てみる事も必要なのではないでしょうか。美容室内に「どうせこの中の何人かは辞めていくんだし」という雰囲気が生まれてしまうのも、決してその美容室にとって良い事だとは言えません。横須賀 美容院

タグ: , ,
Top